桜の語源

投稿者: はる家 投稿日: 2018年4月6日 in はる家

29665326_1629498573824431_6808862823115471973_o

サクラの語源には諸説あり、古すぎて定かではありませんが、「先が割けている花」だから「サクラ」という説があります。

今、花見というと、遠くから眺めるものというイメージがありますが、そもそも桜という言葉ができた頃は、手にとって愛でるものであったというのです。

今でも、子供ほど手に取りたがりますし、近づきたがるのは、そうした感覚に近いのかもしれません。

□写真:はる家 梅小路|二階建て長屋の町家

空室検索 

電話でのご予約・お問い合わせ
はる家 総合予約 075-533-3310(8:30-14:30|16:00-21:00)

町家に親しむ宿|はる家
www.yado-haruya.com

京都と奈良の町家(町屋)ゲストハウス|はる家
HARUYA with Kyoto, Nara.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。