古事記をテーマに旅する・ ご朱印 の魅力

投稿者: はる家 投稿日: 2019-11-12 in 旅する古事記

はる家での楽しみ方06.

古事記をテーマに旅する

国内のみならず世界で高い評価を得る日本の伝統文化。
そのルーツを辿れば多くが『古事記』に行き着きます。

ご朱印

ご朱印を集める

参拝の記念に頂くことができるご朱印。

神社によってデザインが異なりますので、集めて楽しいものですし、同じ神社でも、月ごとにデザインを変えていらっしゃるところもあり、オリジナルのご朱印帳があったり、またと無いものになっています。一筆一筆、書いて頂き、押印されたものは、それだけで粗末に扱わず大切に保管したくなります。

神仏や神社のお名前が書いてあるご朱印は、記念スタンプのようなものとは意味合いが違い、神様の分身とも考えられています。自宅で保管する際も、神棚に納めておくか、目線より高いところに置いて大切に扱います。

お詣りの機会にご朱印を頂くと、後になって見返した際に、楽しみが長く続くようです。

ご朱印

▲奈良にある、日本最古の神社の一つ、大神神社(おおみわじんじゃ)のご朱印には「大和国一之宮」とあります。「一之宮」をテーマに、各地の一之宮をお詣りしてみるのも、より広く、より深く、その土地の歴史や文化に親しむことができます。

大神神社の公式サイトはこちら >

ご朱印

▲京都で一番高い愛宕山の山頂にある愛宕神社のご朱印。和気清麻呂に因む猪の判子が押されています。ご朱印をきっかけに興味関心を広げていくこともできます。

愛宕神社の公式サイトはこちら >

ご朱印

ご朱印

▲奈良にある、築百二十年の庄屋屋敷[はる家 ならまち]の氏神様にあたる、ならまち御霊神社のご朱印は、朔日(ついたち)に「朔日まいり」限定のご朱印をいただけます他、月ごとにオリジナルのはんこを手作りされています。

ならまち御霊神社 公式サイトはこちら >
 
 
空室検索
 
 
ご予約は当サイトが最もお得です。
お得な[公式WEB予約特典]特設サイトはこちら>
 
 
電話でのご予約・お問い合わせ
はる家 総合予約 075-533-3310(8:30-14:30|16:00-21:00)