「はる家の朝粥」に 七草粥 が新登場します。

投稿者: はる家 投稿日: 2019-01-06 in はる家, はる家の朝粥

IMG_6713
 

はる家の朝粥・七草粥

 
築百有余年の町家に受け継がれた日本の伝統文化をお届けする[はる家]では、日本人の主食「お米」を通じて日本の文化に親しんで頂けますよう「はる家の朝粥」をご用意しております。

平成31年(2019年)1月7日〜10日は、期間限定で、「七草粥」を召し上がって頂く会を開催いたします。

初春の代表的な7種類の若菜を1月7日にお粥にして頂く「七草粥」。「セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ、これぞ七草」語呂合わせがよく、すぐに覚えてしまう和歌にもなり、古来、世代を超えて親しまれてきました。昔ながらの町家での、寒さで弱りがちな胃腸をいたわり、体調を整える、ほっとするひとときをお愉しみください。

豆知識:七草粥の由来

松飾りをつけておく「松の内」最後の7日に「春の七草」と呼ばれる7種類の野草を炊き込んだおかゆをいただき、1年の無病息災を祈ります。芽吹いたばかりの野草の新芽には強い生命力が宿ると言われています。実際に7種の若菜にはそれぞれ薬効があり、寒さで弱りがちな胃腸をいたわり、体調を整える働きがあります。

春の七草    薬効
セリ・・・・・・便秘の解消や貧血予防。
ナズナ・・・・・解熱や血圧を下げる。
ゴギョウ・・・・咳や喉の炎症を鎮静化。
ハコベラ・・・・豊富なミネラルで健康促進。
ホトケノザ・・・胃腸の働きを促し食欲増進。
スズナ・・・・・消化を促し腸内環境を改善。
スズシロ・・・・消化促進および便秘解消。

IMG_6745

IMG_6731

IMG_6810.JPG

はる家の朝粥

築百有余年の町家に受け継がれた日本の伝統文化をお届けする[はる家]では、日本人の主食「お米」を通じて日本の伝統文化に親しんで頂けますよう「はる家の朝粥」をご用意しております。[はる家]の田んぼで種もみから無農薬栽培したお米を、伊勢神宮に奉納されている二見ヶ浦の自然塩とともに、季節の味覚を添えて毎朝お届けいたします。

「はる家の朝粥」に関する記事一覧 >

「はる家の朝粥ができるまで」その他の記事

築百有余年の町家に受け継がれた日本の伝統文化をお届けする[はる家]では、一杯のお椀に心を込めて、毎朝お召し上がり頂ける「はる家の朝粥」のお米づくりを、[はる家]の田圃で、種もみから無農薬栽培しています。日本人の主食「お米」にまつわる、神話に遡る伝統の数々。「はる家の朝粥」の機会に日本の伝統文化に親しんで頂けましたら幸いです。

「はる家の朝粥」ができるまで・苗づくり編 >

「はる家の朝粥」ができるまで・田植え編 >

「はる家の朝粥」ができるまで・草取り編 >

「はる家の朝粥」ができるまで・稲刈り編① >

 

 
 
空室検索
 
 
ご予約は当サイトが最もお得です。
お得な[公式WEB予約特典]特設サイトはこちら>
 
 
電話でのご予約・お問い合わせ
はる家 総合予約 075-533-3310(8:30-14:30|16:00-21:00)