「はる家の朝粥」に 小豆粥 が新登場します。

投稿者: はる家 投稿日: 2019-01-23 in はる家, はる家の朝粥

50661258_2021044034669881_3215634064530735104_o.jpg
 

はる家の朝粥・小豆粥

 
築百有余年の町家に受け継がれた日本の伝統文化をお届けする[はる家]では、日本人の主食「お米」を通じて日本の文化に親しんで頂けますよう「はる家の朝粥」をご用意しております。

平成31年(2019年)1月24日からは、期間限定で、「小豆粥」を召し上がって頂ける会を開催いたします。築百有余年の町家で、こたつに入りながら季節の味覚を楽しむ「小豆粥」をお愉しみください。

豆知識:「小豆粥」の由来

年神様をお迎えする元日を「大正月」、農作物の豊作や家族の健康を願う15日を「小正月」といい、「小正月」には「小豆粥」を食する風習があります。地方によっては鏡餅の餅を一緒に入れて頂きます。正月飾りや書き初めを燃やす「どんど(左義長)」が行われるのも「小正月」の日です。小豆は、お祝いの席に赤飯として用いられるなど、小豆の赤色には魔除けの力があるとされてきました。一年で昼が最も短くなる「冬至」の日(12月22日頃)に「小豆粥」をいただく風習があり「冬至粥」と呼ばれます。冬至から太陽の力が盛り返し、太陽と共に私たちの生命力も強くなるようにとの願いが込められています。

はる家の朝粥

築百有余年の町家に受け継がれた日本の伝統文化をお届けする[はる家]では、日本人の主食「お米」を通じて日本の伝統文化に親しんで頂けますよう「はる家の朝粥」をご用意しております。[はる家]の田んぼで種もみから無農薬栽培したお米を、伊勢神宮に奉納されている二見ヶ浦の自然塩とともに、季節の味覚を添えて毎朝お届けいたします。

「はる家の朝粥」に関する記事一覧 >

「はる家の朝粥ができるまで」その他の記事

築百有余年の町家に受け継がれた日本の伝統文化をお届けする[はる家]では、一杯のお椀に心を込めて、毎朝お召し上がり頂ける「はる家の朝粥」のお米づくりを、[はる家]の田圃で、種もみから無農薬栽培しています。日本人の主食「お米」にまつわる、神話に遡る伝統の数々。「はる家の朝粥」の機会に日本の伝統文化に親しんで頂けましたら幸いです。

「はる家の朝粥」ができるまで・苗づくり編 >

「はる家の朝粥」ができるまで・田植え編 >

「はる家の朝粥」ができるまで・草取り編 >

「はる家の朝粥」ができるまで・稲刈り編① >

「はる家の朝粥」ができるまで・稲刈り編② >

小豆粥

50587063_2021044874669797_7502571661472825344_o

 
 
空室検索
 
 
ご予約は当サイトが最もお得です。
お得な[公式WEB予約特典]特設サイトはこちら>
 
 
電話でのご予約・お問い合わせ
はる家 総合予約 075-533-3310(8:30-14:30|16:00-21:00)