打ち出の小槌

趣きの異なる築100年の京町家4棟が隣り合う「はる家 梅小路」では、節分の季節に合わせて「打ち出の小槌」が登場いたします。

IMG_1081.jpeg

およそ700年以上前の室町時代に書かれた昔話『一寸法師』に登場する「打ち出の小槌」。欲しいもの、願い事を唱えて振ると、願いどおりの物があらわれるとされています。福の神・大黒天も右手に持っている縁起もの。節分の豆まきの季節に、鬼が去った後の「坪庭ラウンジ」にてご覧いただけます。『一寸法師』の絵本も「図書室」にございます。

IMG_1703

はる家

築100年の町家に宿る昔ながらの日本の「いいもの」をお届けする「はる家」。世界で高い評価を得る日本の伝統文化が凝縮された町家の意匠と暮らしを伝えます。国際都市・京都と奈良から、滞在を通じて日本の昔と今と、将来とを結びます。

はる家 梅小路

趣きの異なる築100年の京町家4棟が隣り合う「はる家 梅小路」。京都駅から程近く清水寺、祇園、金閣寺ほかにもバス1本。町家ならではの「通り庭」があり、坪庭、出格子、円窓、縁側など伝統的な京都の佇まいを伝えます。
所在地:〒600-8834 京都市下京区和気町1番地12
https://yado-haruya.com