[毎月21日・25日]京都 東寺 – 弘法市 北野天満宮 – 天神市

[毎月21日・25日]京都 東寺 – 弘法市 北野天満宮 – 天神市

  西日本最大規模の骨董市     西本最大規模の骨董市が、毎月21日と25日、京都で開催されてゐます。廣大な境内に1,200店ほどが並び、毎月20万人を超える參詣者で賑わひます。特に12月と1月は出品数も観覧者も増え、 […]

[毎月1日15日]奈良 奈良縣護國神社 月次祭

[毎月1日15日]奈良 奈良縣護國神社 月次祭

  奈良縣(ならけん)護國(ごこく)神社(じんじや) 月次祭(つきなみさい)   開催(かいさい)の詳細(しやうさい)   開催(かいさい)場所(ばしよ)   奈良縣(ならけん)護國(ごこく)神社(じんじや) 山(やま) […]

[特集]京都 刀剣探訪 北野天満宮「鬼切丸」

[特集]京都 刀剣探訪 北野天満宮「鬼切丸」

  北野天満宮   全國に12,000余りある天満宮の総社・北野天満宮。天暦元年(947)創建以来、1,000年を超える歴史があり、初詣の期間だけで毎年50万人が訪れます。学問の神様として知られる御祭神・菅原道真公のお誕 […]

[3月下旬-4月上旬]奈良 吉野 千本桜

[3月下旬-4月上旬]奈良 吉野 千本桜

吉野 千本桜   日本随一の桜の名所として知られる奈良県・吉野山。 歴史と傳説に彩られた絶景を訪ねて、毎年多くの観覧者で賑わひます。今も多くのファンに愛されてゐる歌舞伎・文楽の人気演目『義経千本桜』の舞台であり、世界遺産 […]

[3月下旬-4月上旬]大神神社 大美和の杜 展望台 桜

[3月下旬-4月上旬]大神神社 大美和の杜 展望台 桜

大神神社の境内にある「大美和の杜(おおみわのもり) 展望台」は、大鳥居や大和三山など大和盆地を見晴らす奈良有数の絶景で知られてゐます。特に春になると、しだれ桜が周りを取り囲むように咲き誇り、桜のトンネルを潜つた先に開ける […]

[3月下旬-4月上旬]奈良 佐保川 桜並木

[3月下旬-4月上旬]奈良 佐保川 桜並木

『万葉集』の歌枕としても有名な佐保川一帯には、奈良市内中央部を南北に貫く約5キロに渡り、途切れることのない壮大な桜並木が広がっています。奈良市内で最大の規模を誇り、県内でも有数の桜の名所を訪ねて、桜の見頃には大勢の花見客 […]

[3月下旬-4月上旬]奈良 奈良縣護國神社 護國の櫻

[3月下旬-4月上旬]奈良 奈良縣護國神社 護國の櫻

奈良縣護國神社 護國の櫻   「高円の杜」として名高い奈良縣護國神社では、3月下旬の椿祭りが終わる頃から、4月1日の月次祭にかかる期間に、境内の櫻が徐々に開花していきます。護國の櫻の木の下では、舞い散る櫻吹雪を眺め、多く […]

[3月中・下旬の土日]奈良 奈良縣護國神社 椿祭り

[3月中・下旬の土日]奈良 奈良縣護國神社 椿祭り

  奈良縣護國神社   萬葉集に数多く詠まれた景勝の地「高円の杜(たかまどのもり)」。日本最古の古道「山の辺の道」に添ふ緑豊かな高臺に、郷土御出身三萬餘柱の英霊が鎮まる奈良縣護國神社はあります。一萬五千坪もの境内に、春に […]

[春分の日]奈良 大神神社 春季皇霊祭遥拝式

[春分の日]奈良 大神神社 春季皇霊祭遥拝式

毎年、皇居内の皇霊殿で行なわれる皇霊祭につき、日本全国の神社で「春季皇霊祭遥拝式」が斎行されるのに合わせて、皇室とゆかりの深い奈良の大神神社(おおみわじんじゃ)でも「春季皇霊祭遥拝式」が行なわれます。 大神神社 春季皇霊 […]

[3月15日]奈良 春日大社 御田植神事

[3月15日]奈良 春日大社 御田植神事

毎年3月15日、奈良の春日大社では、長寛元年(1163年)に始まる五殻豊穣を祈る祭典「御田植祭(おたうえさい)」と「御田植神事(おたうえしんじ)」が行なはれます。 10時からの御田植祭は拝観不可ですが、11時からの「御田 […]

[3月11日]奈良 春日大社 春日祭 巳の祓式

[3月11日]奈良 春日大社 春日祭 巳の祓式

毎年3月11日、奈良の春日大社では、天皇陛下の勅使が参向される「春日祭」当日に先立ち、春日祭奉仕の神職を神木で祓ひ清める神事「巳の祓式(みのはらえしき)」が斎行されます。 京都の葵祭(賀茂祭、賀茂別雷神社・賀茂御祖神社の […]

[3月9日]京都 貴船神社 雨乞祭

[3月9日]京都 貴船神社 雨乞祭

毎年3月9日、京都の貴船神社では、貴船神社のみに伝わる特殊神事「雨乞祭」が斎行されます。雨乞祭の後は、引き続き「古絵馬焼納式」が行なわれます。 その昔、雨を降らして欲しければ黒毛の馬、雨を止ませて欲しければ白毛の馬を宮中 […]

[3月1日-14日]奈良 東大寺 二月堂修二会 12日:お水取り

[3月1日-14日]奈良 東大寺 二月堂修二会 12日:お水取り

  東大寺二月堂 お水取り   毎年3月1日から14日まで、奈良の最も有名な行事の一つ、「お水取り」の名前で親しまれる、東大寺二月堂の「修二会」が行なわれます。 天平勝宝4年(752年)に始まり、1,200年以上、一度も […]

[特集]奈良 世界最古の國・日本の建國探訪(石上神宮編)

[特集]奈良 世界最古の國・日本の建國探訪(石上神宮編)

  石上神宮   日本建國に大きな足跡を殘して名高い石上神宮(いそのかみじんぐう)。毎朝の朝拝(てうはい)(朝のお勤め)に豫約(よやく)不要でどなたでも參列できる他、參拝後は、平安時代から親しまれる名代(なだい)の御滝「 […]

[通年]奈良 世界最古の國・日本の建國探訪(橿原神宮編)

[通年]奈良 世界最古の國・日本の建國探訪(橿原神宮編)

  橿原神宮   ギネスブック公認の世界最古の國・日本。 世界一、長く續いてゐるには理由があります。日本建國の理念を敬慕する、初詣には約76万人、紀元節には約15万人の参詣者が訪れてゐます。伊勢に行けば「遷宮」のことがわ […]

[特集]奈良 春日大社で曾孫に語る「國譲り」

[特集]奈良 春日大社で曾孫に語る「國譲り」

  春日大社で曾孫に語る 國譲り   春日大社の「榎本神社(えのもとじんじや)」は、御本殿にお祀りされてゐる武甕槌神(たけみかずちのかみ)が奈良に来られる前からいてはつた、元々の神様や。皇室の方は、必ず先に「榎本さん」に […]

[特集]奈良 春日大社 神社と木

[特集]奈良 春日大社 神社と木

大抵の神社の境内に、大きな木があります。本当は逆で、大きな木のあるところに社殿を整えました。古来の神道、まだ「神道」とも言っていない仏教伝来以前は、山や木、雷など自然そのものを祀っていました。 ですから、国宝・重要文化財 […]

[特集]能「春日龍神」と明恵上人

[特集]能「春日龍神」と明恵上人

投稿者: はる家 投稿日: 2019-11-09 in はる家, 旅する古事記

初めてお能といふものを観て、面白いと思つたのは『春日龍神』でした。 鎌倉時代の僧・明恵上人は、天竺への旅を決意して、崇敬する春日大社へお暇乞ひに参詣します。そこへ一人の老神職が現れ、上人の参詣を喜びますが、今や佛も入滅さ […]

「はる家の朝粥」ができるまで・稲刈り編

「はる家の朝粥」ができるまで・稲刈り編

投稿者: はる家 投稿日: 2019-10-12 in はる家, はる家の朝粥

  「はる家の朝粥」ができるまで・稲刈り編   築百有余年の町家に受け継がれた日本の伝統文化をお届けする[はる家]では、一杯のお椀に心を込めて、毎朝お召し上がり頂ける「はる家の朝粥」のお米づくりを、はる家の田圃で種もみか […]

[3月-12月]奈良 若草山 野がけ

[3月-12月]奈良 若草山 野がけ

  若草山   鹿と大佛に並ぶ奈良のシンボル、若草山。地元は元より、近畿圏内の保育園・幼稚園児から大人まで広く愛されてゐる場所です。1月には1日で4万人以上が訪れる「山焼き」が行われています。 ▲[1月の第4土曜日]奈良 […]