古典研究会

古典研究会

投稿者: はる家 投稿日: 2018年12月15日 in はる家

はる家が定期的に行なっている古典研究会。今回のテーマは「坊主めくり」でした。 人様にオススメするからには、まず […]

坊主めくりで親しむ百人一首

坊主めくりで親しむ百人一首

投稿者: はる家 投稿日: 2018年7月9日 in はる家

この度、株式会社はる家は、明治時代の百人一首を復刻いたしました。 大和言葉のみを用いて、僅か「五・七・五・七・ […]

町家と風鈴

町家と風鈴

投稿者: はる家 投稿日: 2018年7月9日 in はる家

筍とワカメ、大根とブリなど日本食で「であいもの」といわれる、ぴったりの組み合わせ。「はる家」では、「町家と風鈴 […]

十五夜

十五夜

「はる家 ならまち(奈良)」にある、江戸時代の「四季山水図屏風」。一年で一番美しいとされる秋分の時期の満月が描 […]

町家で愉しむ、かき氷。

町家で愉しむ、かき氷。

投稿者: はる家 投稿日: 2018年7月9日 in はる家

同じ本でも、旅行中に読むと特別な感慨が得られたり、同じ「かき氷」でも、町家で食べると格別に美味しく感じられたり […]

日本の木造建築

日本の木造建築

投稿者: はる家 投稿日: 2018年6月25日 in はる家

「ご覧ください、瓦が落ちています。」 大きな地震の後に必ずと言ってよいほどテレビで流される場面があります。わざ […]

町家の庭

町家の庭

投稿者: はる家 投稿日: 2018年5月8日 in はる家

「お寺の庭と、町家の庭って、どう違うの?」 そんな素朴のご質問にお答えしようと手を加えてきた「はる家 梅小路| […]

日本最多の国宝|京都・奈良

日本最多の国宝|京都・奈良

投稿者: はる家 投稿日: 2018年5月5日 in はる家

国宝が多い都道府県ランキングで、京都は1位の233点。奈良は2位の202点。 日本の国宝の3分の1が京都にあり […]

お帰りなさい

お帰りなさい

投稿者: はる家 投稿日: 2018年4月27日 in はる家

英語にない日本語のお話です。 英語で表現する時に、”Welcome back” または “Welcome ho […]

浴衣と新緑

浴衣と新緑

投稿者: はる家 投稿日: 2018年4月25日 in はる家

まもなく訪れる新緑の季節。浴衣でお出かけすると、グッと気分も高まります。写真に撮ると、まるで一枚の絵画のよう。 […]

初夏の装い

初夏の装い

投稿者: はる家 投稿日: 2018年4月23日 in はる家

いつの間に、と、毎日お世話している私たちも、 はっとさせられることがあります。 「はる家 ならまち|庄屋屋敷」 […]

桜の語源

桜の語源

投稿者: はる家 投稿日: 2018年4月6日 in はる家

サクラの語源には諸説あり、古すぎて定かではありませんが、「先が割けている花」だから「サクラ」という説があります […]

庄屋屋敷の桜

庄屋屋敷の桜

投稿者: はる家 投稿日: 2018年3月30日 in はる家

「はる家 ならまち|庄屋屋敷の町家」の桜が見頃を迎えています。 昨年6月に「はる家 ならまち|庄屋屋敷の町家」 […]

町家の桜

町家の桜

投稿者: はる家 投稿日: 2018年3月29日 in はる家

神社に咲く桜。公園の桜。川沿いの桜・・・心を和ませてくれる桜の季節。 なかでも町家の桜は、人が一緒に写っていた […]

「はる家」の由来

「はる家」の由来

投稿者: はる家 投稿日: 2018年2月22日 in はる家

「はる家」には3つの由来があります。 一つ目は、命の源、お日様。国旗に太陽を掲げる日本を象徴する「晴れ」という […]

雪化粧

雪化粧

投稿者: はる家 投稿日: 2018年1月25日 in はる家

町家で台所の竃(かまど)のことを「おくどさん」というように、日本語には建物や植物を擬人化した言い回しがあります […]

雪だるま選手権

雪だるま選手権

投稿者: はる家 投稿日: 2018年1月14日 in はる家

本日は京都で雪が積もりました。 はる家では、雪が積もった日に「雪だるま選手権」を開催しております。 京都に雪が […]

新年のご挨拶

新年のご挨拶

投稿者: はる家 投稿日: 2018年1月3日 in はる家

明けましておめでとうございます。 おかげさまで無事に新年を迎えられましたことに感謝申し上げ、謹んでお慶び申し上 […]

お正月を迎える

お正月を迎える

投稿者: はる家 投稿日: 2017年12月26日 in はる家

年末の大掃除は、年神様(としがみさま)をお迎えするためのもの。 神様は汚れているところが大嫌いで、清浄なところ […]