はる家の仮名遣ひ

 
 
(をさな(とき(こころ(歌聲(うたごゑのひびきに(ねむりをさそはれながら夢路(ゆめぢにいり、さめては(つね國語(こくご(き、國語(こくご(かたり、國語(こくご(なか生活(せいくわつし、(まれしより((かた(つね國語(こくご使用(しようし、國語(こくご(をしへられながら(おほきくなつた。國語(こくごによつて日本人(にほんじんとしての(たましひ(つちかはれ、(みがかれてきた。(國語(こくごには、祖先(そせん以来(いらい感情(かんじやう精神(せいしんがとけこんでをり、國語(こくご(つうじて(たて祖先(そせん(たましひ(つらなり、(よこ今日(こんにち我々(われわれ國民(こくみんとして(むす(けてゐる。

「幸ひ」は、全て假名(かなで書くと「さいはひ」。さきはひ、の音便(おんびん。さきはふこと、の(。「さきはふ」は、「よき(うんにてあり。(さかゆ。」(大正4年『大日本國語辞典(だいにつぽんこくごじてん上田萬年(うへだまんねん松井蕑治(まつゐかんじ共著)。『萬葉集(まんえふしう』の有名(いうめい(うたに「神代(かみよよりいひ(てけらく、そらみつ大和(やまと(くには、すめ(かみのいつくしき(くに、ことだまの佐吉播布(サキハフ)(くにと、(かたりつぎいひつがひけり」とある「さきはふ」である(巻5・894・山上憶良)。

「さいはひ」を、どう(くかといふことから、1,000年を(いう(えて『萬葉集(まんえふしう』まで(さかのぼれるのが、本来(ほんらい假名遣(かなづかひである本假名遣(ほんかなづかひ(正假名遣(せいかなづかひ・歴史的假名遣(れきしてきかなづかひ)の素晴(すばらしいところである。我々(われわれ國語(こくご(いうしてゐる精神を通じ、神話まで絶え間ない一本の道で繋がる皇國の傳統(でんとうを、かつて身を挺して護持し来つた祖先の偉業を、身を持つて知り、其の尊い教を繼承せんとする魂が培はれていく。単に字が書ける、喋れるといふだけなら、極端に言へば全部ローマ字で書いても事足りる。

現に、東南アジア諸國(しよこくの植民地支配を300年以上も(つづけてゐた欧米列強は、いかにすれば相手國民(あひてこくみんを愚民化できるかについて熟知してゐたため、敗戦後の日本を二度と立ち直らせないやうに、幾つもの占領政策を行なつた。宮家の解體。神社の宗教法人化。國語(こくご假名遣(かなづかひを壊すことも、その一つとして、終戦から僅か6ヶ月後の3月に、日本語をローマ字表記にする第一次教育使節團報告書(だいいちじけういくしせつだんほうこくしよ(文部科学省 公式サイト)が提出され、(つづく11月には、日本人が成立させた體裁(ていさいをとつて「当用漢字」と「現代かなづかい」が制定されてゐる(文化庁公式サイト:昭和21年内閣告示第33号)。

これら占領政策により、我が國の傳統(でんとうを身に付ける手掛かりをなくしてしまつた戦後は、世代間の断絶を深め、家庭から神棚が失はれ、未婚/晩婚が増えて少子化が止まらなくなつた。占領から58年後の平成16年には「國語學會(こくごがくくわい」は「日本語学会(日本語学会 公式サイト)」と自ら名称を變えてしまつた。

(くに」を失ひ、飯さへ食へていれば、命さへあれば、あとは何でも構はない。出来事をただ列挙したものを「歴史」と呼び、意思をただ傳達(でんたつするための手段を「言語」と呼んで違和感を覚えないのであれば、それは奴隷と同じ感覚ではないか。神武建國(じんむけんこく以来、我が(くにが何を追ひ求めてきたのか、その軌跡が「國史(こくし」であり、昔さながら脈々として今日に受け繼がれてゐる日本人の精神的血液が「國語(こくご」である。「藤」は正しく假名で書けば「ふじ」ではなく「ふぢ」であるが、さう思つて見直してみると薫りが増すやうではないか。

元来國語そのものは固定したものではなく、常に生動し発展してゐるものである。國語(こくごは生命體であり、随つてこれを使用する國民の心掛け如何によつて國語はよくもなり悪くもなる。全てを昔の通りに行なおうといふのではない。わかりもしない内から變えるのではなく、よくわかつた上で變わつていく、その先には(しんに豊かな國語(こくごの発展もあらう。戦後も臺灣(たいわん本字體(ほんじたい正字體(せいじたい舊字體(きうじたい)を残してくれ、機械技術の進歩により漢字変換が容易になつた昨今、本字・本假名遣(ほんかなづかひ見直しの機運が高まつてゐる。

國語の「語」の「語る」は「形る」であり、「形づくる」であつて、「國語」とは「國を形づくるもの」に他ならない。澄んだ目、ひきしまつた口、のびた指、揃へられた足、きちんとした體。日本の表現は寡黙の中に言葉があり、なるべく表はすものを少くして含むものを多くするところに其の表現の特質がある。俳句なり和歌なりの表現姿態を考へる時に、自づと氷解される、心を以つて心に傳へる國語の御恩に、今日から真剣に報いていきたいと思ふのだ。

令和 辛丑(かのとうし