[期間限定]奈良 春日大社 春日若宮おん祭 御旅所仮御殿特別公開

国の重要無形民俗文化財「春日若宮おん祭」が、12月15日(日)から18日(水)まで奈良で行なわれます。保延二年(1136年)から八百七十有余年にわたり、大和一国をあげて執り行なわれている奈良を代表するお祭り。日本の伝統文化や風俗を今に伝える機会に大勢の観覧者が訪れます。国の重要無形民俗文化財に指定され、日本の伝統文化や風俗を今に伝えます。

写真は、おん祭りに先立ち行なわれた「御旅所仮御殿」特別公開の様子です。通常は遠くからしか見られない仮御殿を、神職のご案内のもと、間近で見られるとあって、多くの方が来られていました。日本のこころを伝え、私たちの国、日本が素晴らしい国になってほしいとの願いから、春日大社では様々な学びの場を提供されています。どなたでもご参加いただけます。

「春日大社の杜で学ぶ・学びの会」 公式サイトはこちら >

春日若宮の神様を御仮殿にお遷しする古代からの儀式「遷幸の儀(せんこうのぎ)」。平安時代からの時代装束を着た1,000人規模の行列「お渡り式」。世界遺産・お能を生んだ「松の下式(まつのしたしき)」。神楽・田楽・猿楽・舞楽など日本を代表する古典芸能が連続して奉納される「お旅所祭(おたびしょさい)」。若宮の神様が御本殿にお帰りになる「還幸の儀(かんこうのぎ)」。夜明けた3日目の「後宴能(ごえんのう)」。

盛りだくさんの「おん祭り」。午後二時半から始まり、日が暮れてからも、若宮の神様がお帰りになる夜十時半頃まで続く「御旅所祭」の舞台が、こちらの「仮御殿」です。

「おん祭保存会」に入会すると(入会金3,000円~)拝観場所に優先的に入ることができる他、年間を通して春日大社の特別参拝が可能などの特典が受けられます。お旅所前のテントと、一之鳥居前で申し込めます。

春日若宮おん祭り

はる家 ならまち

築百二十年を超える奈良の庄屋屋敷。日本庭園、家族風呂、縁側つき客室など伝統的な日本家屋の佇まいを伝えます。歴史的な町並み「ならまち」に位置し、奈良公園、大仏殿ほか五つの世界遺産に徒歩圏。奈良駅からバス八分(徒歩十五分)。
所在地:〒630-8342 奈良市南袋町31番地4
https://yado-haruya.com/naramachi

空室検索

ご予約は当サイトが最もお得です。
お得な[公式WEB予約特典]特設サイトはこちら>

電話でのご予約・お問い合わせ
はる家 総合予約 075-533-3310(8:30-14:30|16:00-21:00)