[特集]奈良 春日大社で曾孫に語る「鹿寄せ」


 

奈良の風物詩 鹿寄せ

 

春日大社の鹿、大神神社の蛇、伏見稲荷の狐、石清水八幡宮の鳩。神様には「お使い」とか「お遣わし」とかいうもんがあって大切にしてるな。これはどういうことかというと「自然の方が偉い」というこっちゃ。

「自然を大切にする」ゆうことを、今の人は勘違いして、下に見とる。そうやなくて、「尊敬」の更に上の「畏敬(いけい)」、「畏れ敬う(おそれうやまう)」のが日本人の元々の感覚や。

春日大社は、元々、御蓋山(みかさやま)を御神体にして、山そのものを祀っていた。そこに、雷の神様で『古事記』に登場する「武甕槌神(たけみかずちのかみ)」と、一緒に国譲りを成就させた「経津主神(ふつぬしのかみ)」が来られた。最後に、藤原氏の氏神の「天児屋尊(あめのこやねのみこと)」がご夫婦でやってこられて、今の御本殿の4つになった。今でも天皇の勅使が来られる「春日祭」の時には、「午の御酒式(うまのみきしき)」ゆうて、まず地面にお酒を注いで、御蓋山に召し上がってもらってる。春日大社で一番はじめにできた建物も、このお酒を作るための「酒殿(さかどの)」やな。

山があるから私らが今も生きてる。当たり前のこっちゃ。せやけど、これが大事なんや。

ギリシャにソクラテスやアリストテレスが出た時代、紀元前460年頃ゆうから、今から2,400年くらい前には、西洋でも自然を有りのままに見て、よう観察してた。せやから、科学が発達した。

ー おおじじさま、ソクラテス、知ってる。『修身』に出てきた。

おお、よう覚えてるな。そうや、毒飲んで死んだ人やな。それが、宗教が幅を利かせるようになって、聖書に出てくることと違うことは間違っていると言い出して、進歩が止まった。コペルニクスやガリレオ、ニュートンやダーウィンが苦労して、「ルネサンス」が起こるのは、やっと16世紀になってからのことや。それまで2,000年近く、停滞しとった。

それが日本の場合には、ずっと八百万の神(やおよろずのかみ)やから、宗教より上に自然があって、発達し続けた。
江戸時代には関孝和が和算を発達させているし、文学では、既に平安時代に、紫式部が世界初の長編小説を残している。女の人が生き生きしているな。「おかみさん」とか、「奥さん」とかいうて、今も大切にされてる。女の人がおらんかったら生まれてきいひんからな。太陽も天照大神は女神やな。

自然を有りのままに見たら、畏れ敬うがな。

自然から何かを学ぼうとする。鹿が何か教えてくれそうな気がする。蛇が、狐が、鳩が、教えてくれる気がする。変なことを言うなあと思ったら大間違いやで。リンゴが木から落ちるのを見てニュートンは「引力」に気が付いたんや。地球が動いていても、宇宙が動いていても、どっちでもいいやないかと言う人があるが、それは違う。嘘は嘘を塗り重ねることになる。地球が動いてないと、その先の科学があらへん。前に進めない。

戦後は、占領軍の「神道指令(文部科学省 公式サイト「神道指令」全文)」で、神社が宗教にされてしまい、日本人の気持ちから自然を畏敬する心をなくしてしまった。「宗教」ゆうのは、明治に造った言葉や。そのずっと前からある神道が宗教で片付けられるはずがない。神社が宗教法人やからゆうて、今すぐどうもないから、ええやないかと言う人があるが、それはあかんのや。地球が動いていても、宇宙が動いていても、目先の生活に関係ないのと一緒や。先々しぼんでしまう。日本の元気がなくなってしまう。穢れ(気が枯れる)や。

日本人は今、高校で物理を習う人間が減ってる。高等学校の物理の履修率は16.2%(文部科学省「平成27年公立高等学校における教育課程の編成・実施状況調査)。5分の1もおらへん。3人おったら1人もわかってない。6人おって、はじめて1人、物事の道理のわかる人間がおる。これでは発展せん。国を守ることも覚束ない。科学的に物事を考えられなくなると、迷信に陥りやすい。声の大きい奴の言うことを盲目的に信じるようにもなるな。力に媚びるようになる。こういうことも、神社が宗教になっていることと無関係ではないんや。

奈良公園の鹿は、野生の鹿やな。時々、近所の人が「お前のとこの鹿が、うちの畑、荒らしとるぞ」と、夜中に春日大社に電話かけてくるそうやが、春日大社が飼っているわけではない。春日さんの辺りが気持ちがよくて、自然と住み着いている。「武甕槌神が鹿島から鹿に乗ってやって来られた」と、よく言われるが、始めから鹿はいて、住む場所を探していた武甕槌神が春日野に来られた時に、鹿島の雰囲気に似ているから気に入って、ここにしようと決められたとも社伝にはあるな。

お、そろそろ「鹿寄せ」始まるで。奈良の鹿、これからも大事にしよな。

その他の記事

[特集]奈良 春日大社で曾孫に語る「国譲り」

[特集]奈良 春日大社で曾孫に語る「鹿寄せ」

鹿寄せ 概要

明治25年(1892年)から120年以上続く奈良の風物詩「鹿寄せ」。歴史は古く明治40年には明治天皇もご覧になっています。ホルンの音色に誘われ、森の奥からたくさんの鹿たちが集まってきます。築百二十年を超える奈良の庄屋屋敷[はる家 ならまち]から歩いて行ける、宿泊するからこそ愉しむことができる、奈良の朝の風景です。

春日大社で行なわれている朝のお参り「朝拝(ちょうはい)」と合わせて、爽やかな澄んだ空気に包まれた、奈良の朝をご満喫ください。

  • 開催期間、開始時間は時期により異なります。
    詳しくは「奈良の鹿愛護会「鹿寄せ」公式サイト」をご確認ください。
  • 所要時間:20分程度
  • お申込み:不要
  • 費用:無料
  • [はる家 ならまち]から[奈良公園]まで(徒歩25分)
     

 


 
 

京都と奈良の伝統行事

 

毎月

リンクから各公式サイトをご覧いただけます。

 
 
■毎日※但し祭典執行日は行なわれません。
[奈良]春日大社 9:00 朝拝朝拝スケジュール

春日大社では毎日欠かさず、朝のお参りが行なわれています。これを朝拝(ちょうはい)と呼び、神職の指導を受けながら予約不要でどなたでも安心してご参加いただけます。「春日(かすが)」とは、「すがすがしい」の「すが」に、接頭語「か」が付いた言葉といわれます。奈良でとびきりの清浄を味わいに、ぜひ早朝にお参りを。

■毎月 初午の日 [京都]伏見稲荷大社 10:00 月次初午祭
■毎月 初卯の日 [奈良]大神神社 10:00 卯の日祭
■毎月 初辰の日 [京都]貴船神社 10:00 初辰祭
■毎月 第一日曜日[京都]地主神社 14:00 えんむすび地主祭り
 
1日 [京都]平安神宮 9:30 月首祭
1日 [京都]石清水八幡宮 10:00 月始祭
1日 [京都]上賀茂神社 9:30 月次祭
1日 [京都]下鴨神社 10:00 月次祭
1日 [京都]伏見稲荷大社 月次祭
1日 [京都]松尾大社 10:00 月次祭
1日 [京都]平野神社 10:00 月次祭
1日 [京都]北野天満宮 10:00 月次祭
1日 [京都]貴船神社 10:00 月次祭
1日 [京都]八坂神社 10:00 月次祭
1日 [京都]梅宮大社 9:00 月次祭
1日 [京都]吉田神社 9:00 月次祭
1日 [京都]由岐神社 9:00 月次祭
1日 [京都]愛宕神社 10:00 月次祭
1日 [京都]粟田神社 6:00 月次祭
1日 [京都]安井金比羅宮 11:00 月次祭
1日 [奈良]石上神宮 10:00 月次祭
1日 [奈良]橿原神宮 10:00 月次祭
1日 [奈良]大神神社 10:00 月次祭
1日 [奈良]龍田大社 8:00 月次祭
1日 [奈良]廣瀬大社 7:00 月次祭
1日 [奈良]大和神社 月次祭
1日 [奈良]丹生川上神社 上社 朔旦祭
1日 [奈良]丹生川上神社 中社 月次祭
1日 [奈良]丹生川上神社 下社 月次祭
1日 [奈良]談山神社 10:00 月次祭
1日 [奈良]ならまち御霊神社 7:00 月次祭
11日 [奈良]橿原神宮 10:00 月次祭
15日 [京都]平安神宮 9:30 月次祭
15日 [京都]石清水八幡宮 10:00 月次祭
15日 [京都]松尾大社 10:00 月次祭
15日 [京都]貴船神社 10:00 末社祭
15日 [京都]八坂神社 10:00 月次祭
15日 [京都]梅宮大社 9:00 月次祭
15日 [京都]愛宕神社 10:00 月次祭
15日 [京都]粟田神社 6:00 月次祭
15日 [奈良]石上神宮 10:00 月次祭
15日 [奈良]大神神社 10:00 講社崇敬会月次祭
15日 [奈良]大和神社 月次祭
15日 [奈良]丹生川上神社 上社 月次祭
15日 [奈良]ならまち御霊神社 7:00 月次祭
16日 [奈良]丹生川上神社 中社 月次祭
17日 [奈良]談山神社 10:00 月次祭
17日 [奈良]率川神社 10:00 月次祭
18日 [京都]吉田神社 9:30 月次祭
19日 [京都]平安神宮 9:30 月次祭
19日 [京都]石清水八幡宮 10:00 厄除開運交通安全祈願祭
21日 [京都]白峯神宮 月次祭 於:崇徳天皇御廟所
21日 [奈良]橿原神宮 10:00 月次祭
21日 [奈良]春日大社 10:00 旬祭
22日 [京都]由岐神社 9:00 月次祭
23日 [京都]愛宕神社 10:00 月次祭
25日 [京都]北野天満宮 10:00 月次祭 天神市(骨董市)
 
はる家 東山

はる家 東山

築百有余年の京町家、職住一体の「表屋造り」を伝える[はる家 東山]。京都駅から地下鉄十五分、年間千二百万人以上が訪れる京都東山に位置し、清水寺、祇園、南禅寺ほかへ徒歩圏内。朝晩は白川の小川沿いを歩く清々しい散策をお楽しみ頂けます。
所在地:〒605-0026 京都市東山区古川町542番地4
[はる家 東山]のサイトを見る

はる家 梅小路

築百有余年の京町家四棟が隣り合う[はる家 梅小路]。京都駅から程近く清水寺、祇園、金閣寺ほかにバス一本。町家ならではの「通り庭」があり、坪庭、出格子、円窓、縁側など伝統的な京都の佇まいを伝えます。
所在地:〒600-8834 京都市下京区和気町1番地12
[はる家 梅小路]のサイトを見る

はる家 ならまち

築百二十年を超える奈良の庄屋屋敷。日本庭園、家族風呂、縁側つき客室など伝統的な日本家屋の佇まいを伝えます。歴史的な町並み「ならまち」に位置し、奈良公園、大仏殿ほか五つの世界遺産に徒歩圏。奈良駅からバス八分(徒歩十五分)。
所在地:〒630-8342 奈良市南袋町31番地4
[はる家 ならまち]のサイトを見る

 
空室検索・2泊以上優待
 
 
ご予約は当サイトが最もお得です。
お得な[公式WEB予約特典]特設サイトはこちら>
 
 
電話でのご予約・お問い合わせ
はる家 総合予約 075-533-3310(8:30-14:30|16:00-21:00)