[通年]奈良 大神神社 三輪山登拝

[通年]奈良 大神神社 三輪山登拝

  三輪山登拝   山そのものが御神體といふ原初の神道の姿を傳へる三輪山。登拝にあたつては、登山やハイキングとは異なりますので、撮影禁止はもちろん、餘計な話はしない、飲食はしないなど、神職の方から注意事項を伺ひます。 撮 […]

[毎月1日・15日]奈良 大神神社 月次祭

[毎月1日・15日]奈良 大神神社 月次祭

毎月1日と15日に、奈良の大神神社(おおみわじんじゃ)では「月次祭(つきなみさい)」が斎行されます。 月次祭は、わかりやすく言えば「お正月を再現したもの」で、日本全国の神社で行なわれています(詳しくは[特集]日本人なら知 […]

[特集]奈良 三社託宣池 三社託宣と「ブスの25ヶ条」

[特集]奈良 三社託宣池 三社託宣と「ブスの25ヶ条」

  三社託宣池   清く・正しく・美しく   古来、日本人の理想的な在り方を象徴する「清く・正しく・美しく」。日本人であれば誰でも知っっている、この言葉は、江戸時代までに日本全国で知られるようになった「三社託宣(さんしや […]

[特集]『鬼滅の刃』で有名になった「一刀石」

[特集]『鬼滅の刃』で有名になった「一刀石」

『鬼滅の刃』で有名になつた「一刀石」が、剣聖の里・柳生の天石立神社(あまのいわたてじんじゃ)にあります。延喜式に登場する古社で、本殿を持たず、鎮座する巨岩を直接拝する、磐座(いわくら)信仰を今に傳へています。 とっておき […]

[3月下旬-4月上旬]奈良 吉野 千本桜

[3月下旬-4月上旬]奈良 吉野 千本桜

日本随一の桜の名所として知られる奈良県・吉野山。 歴史と伝説に彩られた絶景を訪ねて、毎年多くの観覧者で賑わいます。今も多くのファンに愛されている歌舞伎・文楽の人気演目『義経千本桜』の舞台であり、世界遺産・吉水神社からは「 […]

[3月下旬-4月上旬]大神神社 大美和の杜 展望台 桜

[3月下旬-4月上旬]大神神社 大美和の杜 展望台 桜

大神神社の境内にある「大美和の杜(おおみわのもり) 展望台」は、大鳥居や大和三山など大和盆地が見晴らせる奈良有数の絶景で知られています。特に春になるとしだれ桜が周りを取り囲むように咲き誇り、桜のトンネルを潜った先に開ける […]

[3月下旬-4月上旬]奈良 佐保川 桜並木

[3月下旬-4月上旬]奈良 佐保川 桜並木

『万葉集』の歌枕としても有名な佐保川一帯には、奈良市内中央部を南北に貫く約5キロに渡り、途切れることのない壮大な桜並木が広がっています。奈良市内で最大の規模を誇り、県内でも有数の桜の名所を訪ねて、桜の見頃には大勢の花見客 […]

[令和2年3月22日]奈良 奈良縣護國神社 椿まつり

[令和2年3月22日]奈良 奈良縣護國神社 椿まつり

万葉集に数多く詠まれた名勝の地「高円の杜(たかまどのもり)」。日本最古の古道「山の辺の道」に添う緑豊かな高台に、郷土御出身三万余柱の英霊が鎮まる奈良縣護國神社はあります。一万五千坪もの境内に、春には千種にも及ぶ椿が咲き薫 […]

[春分の日]奈良 大神神社 春季皇霊祭遥拝式

[春分の日]奈良 大神神社 春季皇霊祭遥拝式

毎年、皇居内の皇霊殿で行なわれる皇霊祭につき、日本全国の神社で「春季皇霊祭遥拝式」が斎行されるのに合わせて、皇室とゆかりの深い奈良の大神神社(おおみわじんじゃ)でも「春季皇霊祭遥拝式」が行なわれます。 大神神社 春季皇霊 […]

[3月15日]奈良 春日大社 御田植神事

[3月15日]奈良 春日大社 御田植神事

毎年3月15日、奈良の春日大社では、長寛元年(1163年)に始まる五殻豊穣を祈る祭典「御田植祭(おたうえさい)」と「御田植神事(おたうえしんじ)」が行なわれます。 10時からの御田植祭は拝観不可ですが、11時からの「御田 […]

[3月11日]奈良 春日大社 春日祭前儀 巳の祓式

[3月11日]奈良 春日大社 春日祭前儀 巳の祓式

毎年3月11日、奈良の春日大社では、天皇陛下の勅使が参向される「春日祭」当日に先立ち、春日祭奉仕の神職を神木で祓い清める神事「巳の祓式(みのはらえしき)」が斎行されます。 京都の葵祭(賀茂祭、賀茂別雷神社・賀茂御祖神社の […]

[毎月1日・15日]奈良 石上神宮 月次祭

[毎月1日・15日]奈良 石上神宮 月次祭

毎月1日と15日に、奈良の石上神宮(いそのかみじんぐう)で行なわれる「月次祭(つきなみさい)」。どなたでも自由に参列でき、国宝の拝殿での昇殿参拝や玉串拝礼ができる貴重な機会が得られます。 月次祭は、わかりやすく言えば「お […]

[特集]奈良 春日大社で曾孫に語る「鹿寄せ」

[特集]奈良 春日大社で曾孫に語る「鹿寄せ」

  奈良の風物詩 鹿寄せ   春日大社の鹿、大神神社の蛇、伏見稲荷の狐、石清水八幡宮の鳩。神様には「お使い」とか「お遣わし」とかいうもんがあって大切にしてるな。これはどういうことかというと「自然の方が偉い」というこっちゃ […]

[3月1日-14日]奈良 東大寺 二月堂修二会 12日:お水取り

[3月1日-14日]奈良 東大寺 二月堂修二会 12日:お水取り

毎年3月1日から14日まで、奈良の最も有名な行事の一つ、「お水取り」の名前で親しまれる、東大寺二月堂の「修二会」が行なわれます。 天平勝宝4年(752年)に始まり、1,200年以上、一度も途絶えることなく続けられてきた「 […]

[特集]春日大社で曾孫に語る「夫婦」

[特集]春日大社で曾孫に語る「夫婦」

  夫婦大國社(めおとだいこくしや)   春日大社は、夫婦の神様をお祀りしている。それも、2つある。1つは、本殿の天児屋命(あめのこやねのみこと)と比賣神(ひめがみ)。天岩戸の前で祝詞を読まれた神様やな。もう1つは、夫婦 […]

[通年]奈良 石上神宮 朝拝參列 大國見山登拝

[通年]奈良 石上神宮 朝拝參列 大國見山登拝

日本最古の神社のひとつ「石上神宮(いそのかみじんぐう)」では、毎朝の朝拝(朝のお勤め)に、予約不要で、どなたでも参列することができます。 参列後は、数100年間も絶賛され続ける美しい滝、自然石に刻まれた500年〜800年 […]

[通年]奈良 葛木坐火雷神社 – ロープウェイ – 千體石佛 – 蜘蛛窟

[通年]奈良 葛木坐火雷神社 – ロープウェイ – 千體石佛 – 蜘蛛窟

『鬼滅の刃』の登場人物「善逸」が兄弟子「獪岳」を破る時に放つ大技「火雷神(ほのいかづちのかみ)」。その名もズバリ、「葛木坐(かつらきにいます)火雷(ほのいかづち)神社(公式サイトはこちら)」が、奈良の葛城にあることから人 […]

[通年]奈良 橿原神宮 – 畝傍山 – 神武天皇陵 – 今井町散策

[通年]奈良 橿原神宮 – 畝傍山 – 神武天皇陵 – 今井町散策

当日のモデルコース [はる家 ならまち]-(徒歩10分)- 近鉄奈良駅 -(電車40分)- 橿原神宮前下車 -(徒歩10分)- 橿原神宮 – 畝傍山登山(登り30分/下り30分)- 空母瑞鶴顕彰碑 &#821 […]

[毎月1日・15日] 奈良 ならまち御霊神社 月次祭

[毎月1日・15日] 奈良 ならまち御霊神社 月次祭

毎月一日と十五日、早朝七時に、ならまち御霊神社では月次祭(つきなみさい)が斎行されます。特に毎月一日には、朔日(ついたち)限定の御朱印を頂くことができ、昔ながらの町並みを伝える「ならまち」に今も息づく「朔日詣り」の文化に […]

[通年]奈良 長谷寺 – 室生寺 – 龍穴神社 – 吉祥龍穴

[通年]奈良 長谷寺 – 室生寺 – 龍穴神社 – 吉祥龍穴

  龍穴神社   「長谷寺 – 室生寺 – 龍穴神社 – 吉祥龍穴」と表題に書きましたが、本当は順序が逆で、「吉祥龍穴」を祀る「龍穴神社」がある場所に「室生寺」ができ、龍穴神社を水源と […]