[通年]奈良 大神神社 三輪山登拝

[通年]奈良 大神神社 三輪山登拝

  三輪山登拝   山そのものが御神體といふ原初の神道の姿を傳へる三輪山。登拝にあたつては、登山やハイキングとは異なりますので、撮影禁止はもちろん、餘計な話はしない、飲食はしないなど、神職の方から注意事項を伺ひます。 撮 […]

[毎月1日・15日]奈良 大神神社 月次祭

[毎月1日・15日]奈良 大神神社 月次祭

毎月1日と15日に、奈良の大神神社(おおみわじんじゃ)では「月次祭(つきなみさい)」が斎行されます。 月次祭は、わかりやすく言えば「お正月を再現したもの」で、日本全国の神社で行なわれています(詳しくは[特集]日本人なら知 […]

[特集]奈良 三社託宣池 三社託宣と「ブスの25箇条」

[特集]奈良 三社託宣池 三社託宣と「ブスの25箇条」

  三社託宣池   清く・正しく・美しく   古来、日本人の理想的な在り方を象徴する「清く・正しく・美しく」。日本人であれば誰でも知つてゐる、この言葉は、江戸時代までに日本全國で知られるやうになつた「三社託宣(さんしやた […]

[特集]『鬼滅の刃』で有名になった「一刀石」

[特集]『鬼滅の刃』で有名になった「一刀石」

『鬼滅の刃』で有名になつた「一刀石」が、剣聖の里・柳生の天石立神社(あまのいわたてじんじゃ)にあります。延喜式に登場する古社で、本殿を持たず、鎮座する巨岩を直接拝する、磐座(いわくら)信仰を今に傳へています。 とっておき […]

[特集]伊勢神宮への旅路 倭姫命の物語(前編)

[特集]伊勢神宮への旅路 倭姫命の物語(前編)

    伊勢神宮への旅路 倭姫命の物語(前編)   日本最古の古道「山の辺の道」。 今から2,000年近く前、奈良の三輪山の麓に、倭姫(やまとひめ)といふお姫様がありました。これからお話するのは、倭姫と、その叔母さま・豊 […]

[2月23日]奈良 大神神社 天長祭

[2月23日]奈良 大神神社 天長祭

天皇陛下の御誕生日をお祝いする天長節(てんちょうせつ)に合わせて、皇室とゆかりの深い奈良の大神神社でも、皇室の安泰と国の平安を祈る神事「天長祭(てんちょうさい)」が行なわれます。 どなたでも自由に参列でき、重要文化財の拝 […]

[毎月1日・15日]奈良 石上神宮 月次祭

[毎月1日・15日]奈良 石上神宮 月次祭

毎月1日と15日に、奈良の石上神宮(いそのかみじんぐう)で行なわれる「月次祭(つきなみさい)」。どなたでも自由に参列でき、国宝の拝殿での昇殿参拝や玉串拝礼ができる貴重な機会が得られます。 月次祭は、わかりやすく言えば「お […]

[2月19日]奈良 石上神宮 祈年祭

[2月19日]奈良 石上神宮 祈年祭

一般に、2月17日に行なわれる祈年祭(きねんさい)。奈良の石上神宮(いそのかみじんぐう)では、明治時代に勅使参向のあった日付が例年十九日であったことから、今日でも毎年二月十九日に祈年祭が斎行されています。どなたでも自由に […]

[2月17日]奈良 春日大社 祈年祭

[2月17日]奈良 春日大社 祈年祭

毎年二月十七日、春の耕作始めにあたり、日本全国の神社で「祈年祭(きねんさい)」が行なわれます。 近年の産業構造の変化に応じて、農業に加えて工業、商業をはじめ全ての産業の繁栄が祈念されています。そもそも、一年が災いのないよ […]

[特集]奈良 春日大社で曾孫に語る「鹿寄せ」

[特集]奈良 春日大社で曾孫に語る「鹿寄せ」

  春日大社で曾孫に語る 奈良の風物詩 鹿寄せ   春日大社の鹿、大神神社の蛇、伏見稲荷の狐、石清水八幡宮の鳩。神様には「お使ひ」とか「お遣はし」とかいふもんがあつて大切にしてるな。これはどういふことかといふと「自然の方 […]

[立春の日]奈良 大神神社 立春祭

[立春の日]奈良 大神神社 立春祭

毎年、立春の日に、奈良の大神神社(おおみわじんじゃ)では「立春祭」が斎行されます。どなたでも自由に参列でき、重要文化財の拝殿での昇殿参拝が可能です。大神神社では、2月1日「月次祭」に始まり、節分の日「節分祭」、翌日の立春 […]

[節分の日]奈良 大神神社 節分祭

[節分の日]奈良 大神神社 節分祭

毎年、節分の日*に、奈良の大神神社では「節分祭」が斎行されます。有名な狂言「福の神*」に因んだ「福は山」の掛け声と共に、福引の紙が入った福豆と福餅が撒かれると、拝殿前を埋め尽くす参詣者から大きな歓声が上がります。2月1日 […]

[節分の日]奈良 手向山八幡宮 御田植祭

[節分の日]奈良 手向山八幡宮 御田植祭

奈良の手向山八幡宮では、毎年、節分の日に無形民俗文化財「御田植祭(おんださい)」が行なわれます。11:00 手向山八幡宮「御田植祭」の他、同日には18:00 春日大社 節分万灯籠(17:30頃 舞楽奉納 18:00頃 全 […]

[3月1日-14日]奈良 東大寺 二月堂修二会 12日:お水取り

[3月1日-14日]奈良 東大寺 二月堂修二会 12日:お水取り

  東大寺二月堂 お水取り   毎年3月1日から14日まで、奈良の最も有名な行事の一つ、「お水取り」の名前で親しまれる、東大寺二月堂の「修二会」が行なわれます。 天平勝宝4年(752年)に始まり、1,200年以上、一度も […]

[2月8日-14日]奈良 奈良公園 なら瑠璃会

[2月8日-14日]奈良 奈良公園 なら瑠璃会

春日大社、興福寺、東大寺、奈良公園という奈良を代表する景勝地を幻想的な光の道でつなぐライトアップイベント「なら瑠璃会(るりえ)」が、2月8日~14日までの期間限定で行なわれます。年々訪れる人が増え、昨年は42万人を超えま […]

[2月11日]奈良 橿原神宮 紀元祭

[2月11日]奈良 橿原神宮 紀元祭

  紀元祭 [2月11日]奈良 橿原神宮   國家とは、家。 家の家長の大事な要件とは、無私であるといふことです。いざといふ時に一身を投げ打つて家族を守らない人に、家長は務まりません。いざという時でなくても、普段から、世 […]

[特集]春日大社で曾孫に語る「夫婦」

[特集]春日大社で曾孫に語る「夫婦」

  夫婦大國社(めおとだいこくしや)   春日大社は、夫婦の神様をお祀りしてゐる。それも、2つある。1つは、本殿の天児屋命(あめのこやねのみこと)と比賣神(ひめがみ)。天岩戸の前で祝詞を読まれた神様やな。もう1つは、夫婦 […]

[通年]奈良 世界最古の國・日本の建國探訪(石上神宮編)

[通年]奈良 世界最古の國・日本の建國探訪(石上神宮編)

  石上神宮   日本最古の神社のひとつとして名高い石上神宮(いそのかみじんぐう)では、毎朝の朝拝(てうはい)(朝のお勤め)に、豫約(よやく)不要で、どなたでも參列することができます。 參列後は、何百年間も絶賛され続ける […]

[通年]奈良 葛木坐火雷神社 – ロープウェイ – 千體石佛 – 蜘蛛窟

[通年]奈良 葛木坐火雷神社 – ロープウェイ – 千體石佛 – 蜘蛛窟

『鬼滅の刃』の登場人物「善逸」が兄弟子「獪岳」を破る時に放つ大技「火雷神(ほのいかづちのかみ)」。その名もズバリ、「葛木坐(かつらきにいます)火雷(ほのいかづち)神社(公式サイトはこちら)」が、奈良の葛城にあることから人 […]

[通年]奈良 世界最古の國・日本の建國探訪(橿原神宮編)

[通年]奈良 世界最古の國・日本の建國探訪(橿原神宮編)

  橿原神宮   ギネスブック公認の世界最古の國・日本。 世界一、長く續いてゐるには理由があります。日本建國の理念を敬慕する、初詣には約76万人、紀元節には約15万人の参詣者が訪れてゐます。伊勢に行けば「遷宮」のことがわ […]