[毎月1日・15日]奈良 大神神社 月次祭

[毎月1日・15日]奈良 大神神社 月次祭

毎月1日と15日に、奈良の大神神社(おおみわじんじゃ)では「月次祭(つきなみさい)」が斎行されます。 月次祭は、わかりやすく言えば「お正月を再現したもの」で、日本全国の神社で行なわれています(詳しくは[特集]日本人なら知 […]

[通年]奈良 大神神社 三輪山登拝

[通年]奈良 大神神社 三輪山登拝

  三輪山登拝   山そのものが御神體といふ原初の神道の姿を傳へる三輪山。登拝にあたつては、登山やハイキングとは異なりますので、撮影禁止はもちろん、餘計な話はしない、飲食はしないなど、神職の方から注意事項を伺ひます。 撮 […]

[毎月 卯の日]奈良 大神神社 卯の日祭

[毎月 卯の日]奈良 大神神社 卯の日祭

毎月、卯の日*に、奈良の大神神社(おおみわじんじゃ)では「卯の日祭」が斎行されます。 卯の日祭は崇神天皇が卯の日に大神祭(おおみわのまつり)を始められて以来、大神祭が「卯の日神事」と呼ばれるほどに卯の日がご神縁の日であり […]

[特集]『鬼滅の刃』で有名になった「一刀石」

[特集]『鬼滅の刃』で有名になった「一刀石」

  『鬼滅の刃』で有名になった「一刀石」   『鬼滅の刃』で有名になつた「一刀石」が、剣聖の里・柳生の天石立神社(あまのいわたてじんじゃ)にあります。延喜式に登場する古社で、本殿を持たず、鎮座する巨岩を直接拝する、磐座( […]

【4月】京都と奈良の傳統行事

【4月】京都と奈良の傳統行事

  京都と奈良の傳統行事   4月 リンクから各(かく)公式(こうしき)サイトをご覧(らん)いただけます。   ■毎日(まいにち)※但(ただ)し祭典(さいてん)執行日(しつかうび)は行(おこ)なわれません。 [奈良]春日 […]

[4月8日]奈良 東大寺 大仏殿 仏生会 (花祭り・甘茶かけ)

[4月8日]奈良 東大寺 大仏殿 仏生会 (花祭り・甘茶かけ)

  東大寺 大仏殿 仏生会   釈尊の生誕日にあたる4月8日、奈良の大仏殿の前に花で美しく飾った花御堂をつくり、誕生仏が安置されます。朝8時から法要が営まれ、15時頃まで参詣者も自由に甘茶をそそぐことができます。順番待ち […]

[3月下旬-4月上旬]奈良 吉野 千本桜

[3月下旬-4月上旬]奈良 吉野 千本桜

吉野 千本桜   日本随一の桜の名所として知られる奈良県・吉野山。 歴史と傳説に彩られた絶景を訪ねて、毎年多くの観覧者で賑わひます。今も多くのファンに愛されてゐる歌舞伎・文楽の人気演目『義経千本桜』の舞台であり、世界遺産 […]

[4月7日]奈良 大和神社 第二艦隊戦没者慰霊祭

[4月7日]奈良 大和神社 第二艦隊戦没者慰霊祭

  大和神社 第二艦隊戦没者慰霊祭   奈良の大和神社(おおやまとじんじゃ)では、毎年4月7日に第二艦隊戦没者慰霊祭が行なはれてゐます。戦艦大和の艦内神社として祀られてゐた大和神社の歴史は古く、第10代・崇神天皇まで遡り […]

[3月下旬-4月上旬]大神神社 大美和の杜 展望台 桜

[3月下旬-4月上旬]大神神社 大美和の杜 展望台 桜

大神神社の境内にある「大美和の杜(おおみわのもり) 展望台」は、大鳥居や大和三山など大和盆地を見晴らす奈良有数の絶景で知られてゐます。特に春になると、しだれ桜が周りを取り囲むように咲き誇り、桜のトンネルを潜つた先に開ける […]

[第5回]神社清掃奉仕 奈良 奈良縣護國神社

[第5回]神社清掃奉仕 奈良 奈良縣護國神社

  [第5回] 神社清掃奉仕 奈良縣護國神社 (ならけんごこくじんじゃ) 開催場所 奈良縣護國神社 山の辺の道「奈良道」を守る會 公式サイト 奈良縣護國神社護持會 奈良縣護國神社護持會では、春秋の大祭・椿まつり等の主要な […]

[3月下旬-4月上旬]奈良 佐保川 桜並木

[3月下旬-4月上旬]奈良 佐保川 桜並木

『万葉集』の歌枕としても有名な佐保川一帯には、奈良市内中央部を南北に貫く約5キロに渡り、途切れることのない壮大な桜並木が広がっています。奈良市内で最大の規模を誇り、県内でも有数の桜の名所を訪ねて、桜の見頃には大勢の花見客 […]

[4月3日]奈良 橿原神宮 神武天皇祭

[4月3日]奈良 橿原神宮 神武天皇祭

神武天皇祭 ご周知の通り、毎年4月3日、日本全國の神社で遥拝されてゐる橿原神宮の神武天皇祭の日は、占領されるまで國民の祭日でした。 占領下の昭和23年(1948年)施行の「国民の祝日に関する法律(祝日法)」は、日本の傳統 […]

[4月4日]奈良 龍田大社 例大祭 風神祭

[4月4日]奈良 龍田大社 例大祭 風神祭

4月4日、桜咲き薫る春の日に、奈良・龍田大社では例大祭・風神祭が行なわれています。 主人の留守に咲いた満開の桜を、主が帰るまで散らせないでくれと風の神に祈った『万葉集』の名歌で知られる龍田大社。『万葉集』編纂から約1,3 […]

[4月下旬-5月上旬]奈良 春日大社 砂ずりの藤

[4月下旬-5月上旬]奈良 春日大社 砂ずりの藤

毎年4月下旬から5月上旬にかけて、奈良の春日大社では、本殿前の「砂ずりの藤」が見頃を迎へます。新緑の若葉と合はせて訪れる多くの参詣者で賑わひます。 春日大社では年間2,200回以上の祭事が執り行なはれてゐます。毎朝9時か […]

[3月下旬-4月上旬]奈良 奈良縣護國神社 護國の櫻

[3月下旬-4月上旬]奈良 奈良縣護國神社 護國の櫻

奈良縣護國神社 護國の櫻   「高円の杜」として名高い奈良縣護國神社では、3月下旬の椿祭りが終わる頃から、4月1日の月次祭にかかる期間に、境内の櫻が徐々に開花していきます。護國の櫻の木の下では、舞い散る櫻吹雪を眺め、多く […]

[毎月1日・15日]奈良 石上神宮 月次祭

[毎月1日・15日]奈良 石上神宮 月次祭

毎月1日と15日に、奈良の石上神宮(いそのかみじんぐう)で行なわれる「月次祭(つきなみさい)」。どなたでも自由に参列でき、国宝の拝殿での昇殿参拝や玉串拝礼ができる貴重な機会が得られます。 月次祭は、わかりやすく言えば「お […]

[特集]奈良 伊勢神宮への旅路 倭姫命の物語(「山の邊の道」編)

[特集]奈良 伊勢神宮への旅路 倭姫命の物語(「山の邊の道」編)

  伊勢神宮への旅路 倭姫命の物語(「山の邊の道」編)   日本最古の古道「山の邊の道」。 今から2,000年近く前、奈良の三輪山の麓に、倭姫(やまとひめ)といふお姫様がありました。これからお話するのは、叔母様・豊鍬入姫 […]

[特集]春日大社で曾孫に語る「夫婦」

[特集]春日大社で曾孫に語る「夫婦」

  夫婦大國社(めおとだいこくしや)   春日大社は、夫婦の神様をお祀りしてゐる。それも、2つある。1つは、本殿の天児屋命(あめのこやねのみこと)と比賣神(ひめがみ)。天岩戸の前で祝詞を読まれた神様やな。もう1つは、夫婦 […]

[特集]奈良 世界最古の國・日本の建國探訪(石上神宮編)

[特集]奈良 世界最古の國・日本の建國探訪(石上神宮編)

  石上神宮   日本建國に大きな足跡を殘して名高い石上神宮(いそのかみじんぐう)。毎朝の朝拝(てうはい)(朝のお勤め)に豫約(よやく)不要でどなたでも參列できる他、參拝後は、平安時代から親しまれる名代(なだい)の御滝「 […]

[通年]奈良 葛木坐火雷神社 – ロープウェイ – 千體石佛 – 蜘蛛窟

[通年]奈良 葛木坐火雷神社 – ロープウェイ – 千體石佛 – 蜘蛛窟

『鬼滅の刃』の登場人物「善逸」が兄弟子「獪岳」を破る時に放つ大技「火雷神(ほのいかづちのかみ)」。その名もズバリ、「葛木坐(かつらきにいます)火雷(ほのいかづち)神社(公式サイトはこちら)」が、奈良の葛城にあることから人 […]