はる家の朝粥

HARUYA Morning Porridge

 

築百有余年の町家に受け継がれた日本の伝統文化をお届けする[はる家]では、日本人の主食「お米」を通じて日本の伝統文化に親しんで頂けますよう「はる家の朝粥」をご用意しております。[はる家]の田んぼで種もみから無農薬栽培したお米を、伊勢神宮に奉納されている二見ヶ浦の自然塩とともに、季節の味覚を添えて毎朝お届けいたします。

 

 

命の根っこ

 

大和言葉

「稲」の「い」は「いのち」の「い」。「ね」には「根っこ」という意味があります。「命の根っこ」で「いね」。他にも、例えば「井戸」の「と」には「入ってくる」という意味があり「命が入ってくる」から「いど」。こうした昔ながらの言葉は、日本古来の「大和言葉」と呼ばれ、漢字の訓読みとなって、千三百年前に編まれた『古事記』や『万葉集』の時代から連綿と受け継がれています。
 

瑞穂の国

 

旅する古事記

日本の別名を「瑞穂(みずほ)の国」といい、五穀豊穣に感謝する「神嘗祭(かんなめさい・10月17日)」と、収穫祭にあたる「新嘗祭(にいなめさい・11月23日)」は、今日でも祝日になって国民生活に深く根ざしています。日本の稲作の起源は『古事記』の神話にまで遡ります。『古事記』をテーマにした旅を提案している[はる家]では「はる家の朝粥」に伊勢神宮に奉納されている自然塩を用いています。
 

季節の味覚

 

季節の恵み

一年の無病息災を祈る「七草粥」。一年で昼が最も短くなる「冬至」の日(12月22日頃)に頂く「小豆粥」。春先から新緑にかけて芽吹く緑と共に愉しむ「豆粥」など、豊かな日本の四季の恵みを添えて「はる家の朝粥」をご用意しております。「はる家の朝粥」の機会に日本の伝統文化に親しんで頂けましたら幸いです。
 

「はる家の朝粥」に関する記事

「はる家の朝粥」ができるまで・苗づくり編

「はる家の朝粥」ができるまで・田植え編

「はる家の朝粥」ができるまで・草取り編

「はる家の朝粥」に関する記事一覧

 
 
空室検索
 
 
ご予約は当サイトが最もお得です。
お得な[公式WEB予約特典]特設サイトはこちら>
 
 
電話でのご予約・お問い合わせ
はる家 総合予約 075-533-3310(8:30-14:30|16:00-21:00)