01. とっておきの體験(たいけん)をする

01. とっておきの體験(たいけん)をする

投稿者: はる家 投稿日: 2019-07-26

  とつておきの體験(たいけん)をする   ギネスブック公認(こうにん)の世界(せかい)最古(さいこ)の國(くに)・日本(にほん)。その建國(けんこく)の地(ち)・奈良(なら)と、千年(せんねん)の都(みやこ)・京都(き […]

02. 源泉掛け流しの名銭湯にひたる

02. 源泉掛け流しの名銭湯にひたる

投稿者: はる家 投稿日: 2019-07-25

  源泉掛け流しの名銭湯   伝統建築に息づく銭湯文化。京都と奈良には「銭湯文化」と呼ばれるものが今も息づいています。風情ある建物の暖簾をくぐると、見事なタイル絵が、まず目に飛び込んできます。『千と千尋の神隠し』の映画さ […]

03. ご當地(たうち)の名物料理を頂く

03. ご當地(たうち)の名物料理を頂く

投稿者: はる家 投稿日: 2019-07-25

  お食事 [はる家]ではお食事をお出ししてをりませんが、徒歩で行ける僅かな距離に、ご當地の名店があります。地元でも大人氣の、ご當地ならではのお食事処をご紹介いたします。     京都の朝食   はる家 東山 舞妓さんも […]

04. 朝のお勤めに参加する

04. 朝のお勤めに参加する

投稿者: はる家 投稿日: 2019-07-25

  朝のお勤め   一生の思い出になる、旅先で過ごす時間。せっかくなので少し早起きをして、普段とは違う特別な朝を過ごしてみませんか。365日、休みなく続けられている本物の祈りの時間。誰でも気軽に参加できるものでありながら […]

05. はる家の朝粥を食べる

05. はる家の朝粥を食べる

投稿者: はる家 投稿日: 2019-07-24

    「はる家の朝粥」ができるまで   築百有余年の町家に受け継がれた日本の伝統文化をお届けする[はる家]では、一杯のお椀に心を込めて、毎朝お召し上がり頂ける「はる家の朝粥」のお米づくりを、[はる家]の田圃で、種もみか […]

06. お酒の聖地の酒蔵を巡る

06. お酒の聖地の酒蔵を巡る

投稿者: はる家 投稿日: 2019-07-24

  酒蔵 生産量と質ともに日本最高峰の酒蔵で、日本酒の利き酒が体験できます。お酒が美味しいとは、水がきれいということ。神事とも関係の深い、稲作とも密接な関係にある日本酒の世界は、日本の伝統文化に親しむお子様の夏休みなどの […]

07. お祭りに參列する

07. お祭りに參列する

投稿者: はる家 投稿日: 2019-07-24

  お祭りに參列する   ギネスブッック公認の世界最古の國・日本。その建國の地・奈良と、千年の都・京都では、毎日のやうに、日本最古級の神社で様々な祭事が執り行はれてゐます。神話の時代まで遡る由緒ある祭事には、他では體験で […]

08. 古事記を旅する

08. 古事記を旅する

投稿者: はる家 投稿日: 2019-07-23

  古事記を旅する   ギネスブック公認の世界最古の国・日本。そこには「昔話」の前、「伝説」の更に先、「神話」の時代まで、歴史が絶え間ない1本の道で繋がっています。建国の地・奈良と、千年の都・京都には、1,300年前の『 […]

09. 自転車で走る

09. 自転車で走る

投稿者: はる家 投稿日: 2019-07-22

  自転車で走る そこで暮らしているように、気ままに。町の息づかいまで感じられるような、特別な時間。[はる家]から出掛けて[はる家]に帰る。バスや電車の混雑を避け、足の向くまま、気の向くまま、昔ながらの町並みや路地を訪ね […]

10. 読書にふける

10. 読書にふける

投稿者: はる家 投稿日: 2019-07-21

  はる家の蔵書 旅先で出会う人や物。あれは誰だったのだろう。何だったのだろう。もう少し知りたい、と思った時に、すぐ手に触れられるように、[はる家]では図書のご用意をしております。神社やお寺、古典や伝統工芸の入門書にはじ […]

11. 絶景に感動する

11. 絶景に感動する

投稿者: はる家 投稿日: 2019-07-20

  絶景に感動する   ご当地で愛されてやまない初心者から中級者向きのコースを、普段着のまま、軽いトレッキング感覚で歩きます。歴史と自然が一体になった絶景。僅かな時間で行ける距離にありながら、自然に親しみ、歴史と伝統に包 […]

12. 歴史的建造物の町並みを散策する

12. 歴史的建造物の町並みを散策する

投稿者: はる家 投稿日: 2019-07-16

  歴史的建造物の町並み 京都と奈良のいずれにも、[はる家]周辺には、散策に適した昔ながらの町並みがあります。車やバスで移動する必要はありません。歩いていける距離に、趣きのある町並みが広がっています。早起きをしたちょっと […]