[毎月1日15日]奈良 奈良縣護國神社 月次祭


 

奈良縣(ならけん護國(ごこく神社(じんじや 月次祭(つきなみさい

 

開催(かいさい詳細(しやうさい

 
開催(かいさい場所(ばしよ
 
奈良縣(ならけん護國(ごこく神社(じんじや
(やま((みち奈良道(ならみち」を(まも(くわい 公式(こうしきサイト
 
開催(かいさい日時(にちじ
 
毎月(まいつき1日(ついたちと15(にち
午前(ごぜん10:00
 
料金(れうきん
 
玉串料(たまぐしれう 志納(しのう(1,000(ゑん〜3,000(ゑん程度(ていど
 
服装(ふくそう
 
男性(だんせい背廣(せびろネクタイ着用(ちやくやう女性(じよせいはそれに(じゆんずる格好(かつこう

 
 

當日(たうじつ(なが

 

8:45
はる( ならまち(公式(こうしきサイト)-徒歩(とほ15(ふん
9:40
社務所(しやむしよ)受付(うけつけ)
9:04
近鐡(きんてつ奈良(なら(えき 4(ばんのりば(のりば案内圖(あんないず()・「62」系統(けいとう山村町(やまむらちよう乗車(じようしや -バス10(ぷん(大人(おとな240(ゑん)-
9:50
拝殿(はいでん)參集(さんしう)
9:14
護国神社(ごこくじんじや」バス(てい降車(こうしや 徒歩(とほ6(ぷん(Googleマップで()-
 
9:20
奈良縣(ならけん護國(ごこく神社(じんじや
公式(こうしきサイト
10:00
月次祭(つきなみさい參列(さんれつ
 
10:30
撤下品(てつかひん)授与(じゆよ)

 
 

(もよほ(ごと

 

參拝(さんぱい作法(さほう

鳥居(とりいのくぐり(かたから、手水(てみず作法(さほう拝礼(はいれい作法(さほうなど、神社(じんじや參拝(さんぱい基本的(きほんてき作法(さほう(うかがふことができます。

玉串(たまぐし拝礼(はいれい

玉串(たまぐし奉奠(ほうてんとも言はれる、神社(じんじや參拝(さんぱい正式(せいしき作法(さほうを、個別(こべつ(うかがふことができます。參拝者(さんぱいしや比較的(ひかくてき(すくない月次祭(つきなみさいならではの特別(とくべつ時間(じかんです。

 
 

奈良縣(ならけん護國(ごこく神社(じんじや月次祭(つきなみさい參列(さんれつして

 
結婚(けつこんして夫々(それぞれ家庭(かていができると、兄弟(きやうだいでも滅多(めつた(かほ(はせなくなる。それが(もとで、いざといふ(とき相續(さうぞく(めたり、子供(こども教育(けういく方針(ほうしん(ちがひすぎて、親戚(しんせきでも他人(たにん同様(どうやう間柄(あひだがらになつてしまつてゐる(れいは、古今(ここん枚挙(まいきよにいとまがない。子孫(しそん(いく繁榮(はんえいしても、関係(くわんけい稀薄(きはくになつては(もと(もないが、(わたし数年前(すうねんまへ祖父母(そふぼ(くなり、もう祖父母(そふぼとの時間(じかん(ちたくても(てない。もう(すこ兄弟(きやうだい(ひたい。父母(ふぼとの時間(じかん(ちたいといふ(おもひが、((ごと(つのるやうになつた。
 
奈良縣(ならけん護國(ごこく神社(じんじや宮田(みやた宮司(ぐうじが、祝詞(のりと最後(さいご(まつて奏上(そうじやうされる「幸御魂(さきみたま)、奇御魂(くしみたま)」とは、このことで、「さき」とは、((かをる、つまり(ひろがつていく。子孫(しそん(えていく。「くし」とは、(くし(ばうで、(つらぬく、つまり(ひろがつたものをまとめて一貫(いつくわんする作用(さやうをいふ。(ひろがりながらも結束(けつそく(たもち、世代(せだい(かさねる(ごとにますます(さかえていく(さまを、幸御魂(さきみたま奇御魂(くしみたま両方(りやうはう作用(さやう表現(へうげんしてゐる。(筧克彦(かけいかつひこ(ちよ風俗(ふうぞく習慣(しふくわん(かみながらの實修(じつしう』129(ペエジ
 
(いますぐ(いことがあるわけではないので軽視(けいしされがちだが、毎月(まいつき月詣(つきまゐり」をするものと(めておけば、可能(かのう(ときは「月次祭(つきなみさい」にも參列(さんれつすると(めておけば、(おほきくなつてからも(口實(こうじつができる。(まうでるものだと(おもつて(そだつから、月末(げつまつ(ちかづけば自然(しぜん連絡(れんらく((ふ。朔日(ついたち平日(へいじつ場合(ばあひ(あと日曜日(にちえうびに「月詣(つきまゐり」するなど、事情(じじやう(おうじて繼續(けいぞくしやすいやうに(めておくのもよい。(ける(とき(けない(ときがあつても、まず(くものだと(めておけば、適度(てきど距離(きより(たもちながらも仲良(なかよくゐられる。家族(かぞく)だけでなく友達(ともだち((ひなどにも應用(おうやう範囲(はんゐ(ひろい。
 
父母(ちちははが、さういふものだと(をしえておいてくれたから、子供達(こどもたちがずつと仲良(なかよしでゐられ、代々(よよ(れば(るほどに(ちから(づよ(そだつていける。せいぜい数十年(すうじうねん(きた程度(ていど人間(にんげん値打(ねうちなど(たか(れてゐる(なかで、(おや((あたえてやれる最高(さいかう(おく(もののひとつが「月詣(つきまゐり」の習慣(しふくわんであり「月次祭(つきなみさい參列(さんれつ機會(きくわいではなからうか。まず家族(かぞくが、(いで地域(ちいき社會(しやくわいが、その(あつまりとして國家(こつか(ゆたかになつていく。ギネスブック公認(こうにん世界(せかい最古(さいこ(くに日本(につぽんの、(かみながらの(みちは、ちやんとさういふ(ふう出来(でき(がつてゐる。幾度(いくどとなく(おそ(かる國難(こくなんにも、((ていして(まも(つたへてくださつた先達(せんだつに、深甚(しんじんなる感謝(かんしや敬意(けいい(へうし、(つつしんで(つぎ世代(せだい((いでいきたいと(おもふ。
 
參考(さんかう資料(しれう國立(こくりつ國會(こつくわい圖書館(としよくわんデジタルコレクション『風俗(ふうぞく習慣(しふくわん(かみながらの實修(じつしう
 

經營(けいえい企畫室(きくわくしつ 小林(こばやし 祐樹(ゆうき

奈良縣(ならけん(まれ。氏神(うぢがみ神社(じんじや上御霊(かみごりやう神社(じんじや
座右(ざいう(めいは「明鏡(めいきやう止水(しすゐ」です。

 

奈良縣(ならけん護國(ごこく神社(じんじや護持會(ごじくわい

 
奈良縣(ならけん護國(ごこく神社(じんじや護持會(ごじくわいでは、春秋(しゆんじう大祭(たいさい椿(つばきまつり(など主要(しゆよう祭典(さいてんへの案内(あんない(ほか年間(ねんかん(つうじて様々(さまざま特典(とくてん(けることができます。(あら)たに協力(けふりよく)會員(くわいいん)(まう)けられ、より廣範(くわうはん)支援(しえん)()(ひろ)がつてゐます。(申込先(まうしこみさき)社務所(しやむしよ) 0742-61-2468)

奈良(なら春日(かすが大社(たいしや參道(さんだう創業(さうげふした[はる(]は、三社(さんしや託宣(たくせん特設(とくせつサイト)ゆかりの春日(かすが大社(たいしや石清水(いわしみず八幡宮(はちまんぐう大和國(やまとこく一之宮(いちのみや大神(おほみわ神社(じんじや山城國(やましろこく一之宮(いちのみや上賀茂(かみがも神社(じんじや下鴨(しもがも神社(じんじや石上(いそのかみ神宮(じんぐう奈良縣(ならけん護國(ごこく神社(じんじやなどで崇敬會(すうけいくわい(とう奉賛(ほうさんしてゐます。地域(ちいき氏神(うぢがみ神社(じんじや傳統(でんとう行事(ぎやうじ參列(さんれつするなど貴重(きちよう(まなびの機會(きくわい(いただいてゐますが、[はる(]が公式(こうしきサイト(とう発表(はつぺうする内容(ないようは[はる(]が独自(どくじ責任(せきにん(ふものであり、神社(じんじや関係(くわんけい團體(だんたいとは一切(いつさい関係(くわんけいありません。
 

交通(かうつう案内(あんない